視力を回復させるためのサイト

当サイト(視力回復まるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトでは、視力の回復に役立つ情報を数多く掲載しています。一度下がった視力は元に戻らない・・・という間違えた認識をされている方が多いのですが、下がってしまった視力の回復は可能です。そのためには、まず視力が下がる原因を一つ一つ潰していく必要があります。体調が悪くなるのに原因があるのと同じで、視力の低下にも必ず原因があるからです。

視力が下がる原因は環境にあり

視力と環境


視力が下がる原因は、大半が環境要因だと言われています。その証拠に、50年前の小学生の平均視力は1.5だったに対して、現在の小学生の平均視力は0.8まで下がっています。50年前と現在とで、生活環境で大きく変わったことと言えば、テレビゲームやパソコンなどのデジタル機器が普及したことです。

より近くを凝視する時間が長くなったことが、平均視力が下がった原因だと考えられているのです。また、ストレスや姿勢の悪さ、栄養不足なども視力の低下の原因だと言われています。身体に悪影響を及ぼすようなことは、往々にして目にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

スポンサーリンク


視力の回復方法について


視力を回復させるための手段はたくさんあります。一回の施術で視力が回復するレーシックは、最もポピュラーな視力回復方法と言えますが、レーシックを受けることができるのは18歳以上の方に限られてしまいます。

年齢が18歳に満たない場合には、視力回復トレーニングや食事療法、超音波療法などを組み合わせて、視力の図るのがベターな方法と言えるでしょう。

また、就寝中に専用のコンタクトレンズを装着することで、昼間は裸眼で過ごすことができるオルソケラトロジーなども、レーシックと比べると合併症などのリスクが少ないので、おすすめの視力回復方法と言えます。

レーシックまるわかりも参照のこと

視力回復効果がある栄養素


昔から「食事が身体を作る」と言われていますが、目の健康も食事によって作り出すことができます。サンマやアジなどの青背の魚に含まれる「DHA」、ブルーベリーに含まれる「「アントシアニン」、各種ビタミン類には、目の機能を好転させる働きがあると言われています。視力が下がるような原因を排除することも大切ですが、これらの栄養素を積極的に取り、目の機能回復に努めることも大切です。

視力の低下が眼病を引き起こす


日本人が失明する原因の第一位である緑内障は、強度の近視が原因で発症すると言われています。また、近年増えている網膜剥離も強度の近視が原因だと考えられています。これらの眼病は、症状が進行すると失明することもある恐ろしい病気です。

視力の低下が失明の直接の原因になることはありませんが、視力が低下すると緑内障や網膜剥離などの眼病を引き起こし、結果的に失明に至ってしまう、ということはよく理解をしておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加