ブルーライトと視力低下の関係について

ブルーライトは視力低下の原因になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブルーライトが目に悪い」と、少し前からマスコミでよく報道されるようになりました。現代型のライフスタイルを続けていると、ブルーライトを目に浴びる頻度がとても高くなっていることは本当のことですし、視力に悪影響を受ける可能性があることも事実ですから、どうすればいい対策ができるのかを、よく理解しましょう。

ブルーライトとは?


ブルーライトは、人間の目に見える光(「可視光線」)の一種です。可視光線にも種類がありますが、その中でもいちばん波長が短い部分(380〜495ナノメートルくらいの波長です)にあたります。

「ブルーライト」という名前からもわかるように、青から紫に近い色を発するのが特徴です。ブルーライトは、パソコンやテレビ、あるいはスマートフォンやゲーム機から発せられている光でもあります。

つまり、私たちの日常にあふれている電化製品から発せられている光で、ブルーライトに取り囲まれて毎日暮らしている人たちも最近では珍しくありません。

スポンサーリンク


ブルーライトの影響とは?


このブルーライトに長時間目がさらされているとどうなるでしょうか?ブルーライトと視力の関係については、まだ研究が続いている段階で、確実にブルーライトが視力を悪化させると決まったわけではないようですが、視力の低下の原因になる可能性があると指摘されています。

ブルーライトのような波長が短い光を浴び続けていると、目は疲れを感じやすくなるといわれています。また、ブルーライトは角膜や水晶体を通って直接網膜に届くため、活性酸素の増加につながる可能性があるほか、網膜にとって大きなダメージになるのではないかという研究結果も出ています。

※ブルーライトは、自然に存在する光で、実は太陽光にも含まれています。太陽光に比べれば、テレビやパソコンから発行されるブルーライトの量は非常に少ないですが、それでも長期的に浴びていると視力の低下につながる恐れがあることは否定できません。

最近のブルーライト事情


最近のテレビは、液晶テレビがすっかり主流になりました。ブラウン管のテレビを使っている家庭は急激に減少していますが、実はブラウン管のテレビと液晶テレビを比べると、液晶テレビのほうが約3倍ものブルーライトを発するといわれています。

※特に夜間にテレビやパソコンを使うとブルーライトの影響を目に受けやすくなります。人間の目は、夜のほうが昼間よりも瞳孔が開く傾向があります。それは、身の周りが暗くなったことに反応して起こる現象なのですが、瞳孔が開いているときにブルーライトを浴びれば、網膜に届くブルーライトの量も増えてしまうことになります。

ブルーライト対策をしたいときは?


現在ではブルーライトカットメガネやブルーライトカットフィルムが市販されています。ブルーライトカットメガネは、液晶テレビやパソコン等を長時間使う人たち向けに各地で販売されていますし、メガネをかけたくなければ、画面に貼り付けることでブルーライトから目を保護できるブルーライトカットフィルムも簡単に買うことができます。

これらの品物を使ったら「眼精疲労もだいぶ楽になった」という体験談もあります。今では種類もどんどん増えていますから、よく選んで使ってみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加