近視、遠視、乱視の違いについて

近視、遠視、乱視の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の大半は近視のためにメガネやコンタクトレンズを利用するわけですが、眼が悪くなる症状は大きく分けて、近視の他に、遠視と乱視があります。それぞれの明確な違いがあるので整理してみていきましょう。実は近視より、遠視の方が厄介な症状だったりします。

近視とは?


近視とは外から来る光が網膜の前方で像を形成するために、遠くのものがはっきりと見えなくなる状態をいいます。近視が起こる主な原因は二つ。一つは水晶体から網膜までの距離が長すぎる場合で、遠くを見ようとしてもピントが合いません。

二つ目は、角膜・水晶体の屈折が強い場合で、網膜の手前でピントが合ってしまいます。近視の原因は遺伝的な要因と環境的な要因の二つに分かれます。

遺伝的な要因の場合は、親が近視だと子供も近視になる可能性が比較的高いことがわかっています。また、環境的な要因は、パソコン、テレビ、ゲームの画面を近くで見続けたり、暗い場所での読書や勉強をしたりといったことが挙げられます。

近視まるわかりも参照のこと

スポンサーリンク


遠視とは?


遠視とは、外から入ってくる光が網膜の後方で像を結ぶため、近くものがはっきり見えない状態をいいます。遠視が起こる原因は主に二つです。一つは水晶体から網膜までの距離が短い場合。二つは角膜や水晶体の屈折力が弱い場合です。

屈折力が弱いと、網膜上でピントを正しく合わせることが出来ません。一般的に遠視は近視の逆の症状だと考えてもらっても構いませんが、遠視というのは本来、「遠近の問題ではなく、焦点があってない状態」のことをいいます。また、遠視の場合は歳を取るにつれて近いところも、遠いところも見えにくくなってしまうので注意が必要です。

遠視の場合、若いうちは眼の屈折力は強いので、遠くのものはよく見えるのですが、これが歳をとるにつれて遠視の症状が悪化してしまうと、近くも遠くのものも見えにくくなります。これは、眼の屈折力が衰えてしまっているためです。

遠視は遠くのものは普通にみえるので、眼の検査をしても視力が良いと判断されることが多いです。子供の遠視は成長段階ということでそれほど警戒する必要はありませんが、この遠視は遺伝的な要因が強いので、親が遠視であるなら、子供も遠視になる可能性が高いといえます。

遠視まるわかりも参照のこと

乱視とは?


乱視とは、眼球の角膜がゆがんでいるために、光が網膜上の一点に集まらない状態をいいます。物がちらついたり、二重に見えたりします。乱視は、同じ物でも見る場所によって見え方が異なってきます。これは焦点が定まらないためです。乱視も遺伝的な要因と環境的な要因の二つに分かれます。

乱視まるわかりも参照のこと

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加