知っておくべき眼病について

知っておくべき眼病

視力が低下する病気とは?

視力低下を伴う病気は少なくありません。目の病気も種類が多いですが、目と直接の関係がない病気でも、視力低下を起こすことは珍しくありません。※視力が少しでも下がってきたように感じたら、早めに診察を受けるに越したことはありません。何か重大な病気が隠れていることもあるからです。ここでは、視力低下をもたらす病...

≫続きを読む

 

緑内障とは?

緑内障とは目の正常な機能を保つために必要な眼圧が異常に高くなることで、視覚を司る視神経が阻害されて視力が低下してしまう病気のことです。緑内障は40歳以上の人に多い症状なので、40歳前後の人は注意してください。ただ近年、緑内障は若年化・増加傾向もでています。(眼圧とは、眼球内の房水と硝子体の静水圧のこ...

≫続きを読む

 

白内障とは?

白内障のほとんどは老化現象によって起こる眼の病気です。しかし、近年は外傷や糖尿病などによっても引き起こされることがあるので、高齢者でなくても注意が必要です。白内障に罹ってしまうと、水晶体が灰色に濁り、視力が衰えていきます。白内障は水晶体を濁る部分を大きく分けて、皮質白内障、核白内障、後嚢下白内障の3...

≫続きを読む

 

飛蚊症とは?

20代〜50代で発症しやすい飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目に入る視野に糸くず、ゴミのようなものが飛んで見える目の症状です。名前のとおり、蚊が飛んでいるように見えるわけですが、実は飛蚊症とは年齢とともに自然に発生するものが多くほとんど問題ありません。ところが飛蚊症は自然発生だけではありません。ぶどう膜...

≫続きを読む

 

網膜色素変性症とは?

網膜色素変性症とは、網膜の異変をきたす病気です。発症する人が多い病気ではありませんが、目の機能を著しく損なう恐れがあるため、用心したほうがいい病気のひとつです。発見が遅くなるケースが多いため、定期的に眼科の診察を受けるなどして目の健康維持を怠らないようにすることが、予防と早期発見をするための第一歩で...

≫続きを読む

 

ドライアイとは?

ドライアイとは、コンタクトレンズの使用による涙液の減少や、目の乾燥によって眼球の表面の状態が悪くなる症状のことをいいます。ドライアイは高齢者に多い病気だったのですが、近年、コンタクトレンズの低価格化、使い捨てコンタクトの普及により、若年層でも発症数が増大しています。涙の重要な3つの役割悲しいときや感...

≫続きを読む

 

仮性近視とは?

眼の症状の1つに日本人のほとんどが体験する近視というものがあります。近視は外から光が網膜の前方で像を結びために、遠くのものがはっきり見えない状態のことをいいます。近視の原因は主に2つです。1つは水晶体から網膜までの距離が長い場合。2つ目は角膜や水晶体の屈折力が強い場合です。また、近視に良く似ている症...

≫続きを読む