白内障について

白内障とは水晶体が濁る病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

白内障のほとんどは老化現象によって起こる眼の病気です。しかし、近年は外傷や糖尿病などによっても引き起こされることがあるので、高齢者でなくても注意が必要です。

白内障に罹ってしまうと、水晶体が灰色に濁り、視力が衰えていきます。白内障は水晶体を濁る部分を大きく分けて、皮質白内障、核白内障、後嚢下白内障の3つに分かれます。まずは3つの症状を見ていきましょう。

皮質白内障


水晶体の周りにある皮質が濁るのが「皮質白内障」です。この症状では、目に入る光が乱反射して眼球の中を明るくしてしまい、少しの光でも眩しく感じます。また、暗い場所のほうが見やすくなってしまいます。

核白内障


水晶体の中央にある核が濁るのを「核白内障」です。水晶体が厚くなり、レンズの屈折率が高くなってしまい、近くのものが見えやすくなります。

また、暗くなるとものが見えにくくなります。皮質白内障と違って眩しくなく、ちかくものが見えやすくなるのでいきなり老眼が治ったと思うかもしれません。ところが、老眼が治ったわけではなく悪化していることが多いです。

スポンサーリンク


後嚢下白内障


「後嚢下(こうのうか)白内障」は水晶体の裏側が濁る場合です。まぶしさや目のかすみを感じ、暗いところで見えにくくなります。眩しい光が黄色に見えたり、建物が黒く見えたりして、部屋と外では視力差が生じます。

また、視力低下を早く引き起こすので、早期の発見が重要です。ところが、後嚢下白内障を老眼だと思ってしまうケースが多く、治療が遅れることが多いです。老眼は近くのものだけ見にくい場合です。

白内障は症状が進むと現時点で治せるのは手術のみとなっているため、早期に発見して、治療することが望ましいです。そのためには白内障の兆候と、予防方法をしっかり知ることが重要です。

白内障の兆候


白内障かどうかは簡単なテストでわかります。もし、これにいくつか思いあたる節があれば眼科を受診したほうがいいです。

  • 1.最近、視力下がって目がかすむ
  • 2.ものが二重・何重にも見える
  • 3.暗いところにいると、ものが見えにくい
  • 4.蛍光灯などの白い光が黄色く見える。またはとても眩しく感じる
  • 5.糖尿病かアトピー性皮膚炎になっている
  • 6.タバコを吸う
  • 7.長時間、紫外線を浴びていることが多い

ほとんどの兆候は白内障の症状と被っています。ただ、糖尿病とアトピー性皮膚炎については別の病気なので注意してください。タバコを吸う、紫外線を長時間浴びるといった行動も白内障の予備軍となりやすいです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加