緑内障について

緑内障とは眼圧が異常に高くなる病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

緑内障とは目の正常な機能を保つために必要な眼圧が異常に高くなることで、視覚を司る視神経が阻害されて視力が低下してしまう病気のことです。緑内障は40歳以上の人に多い症状なので、40歳前後の人は注意してください。ただ近年、緑内障は若年化・増加傾向もでています。

(眼圧とは、眼球内の房水と硝子体の静水圧のことをいいます)

緑内障の主な症状


緑内障で厄介なのは初期の自覚症状がほとんどないことです。そのために、知らないうちに症状が悪化してしまうことも多いため、早期に発見して治療が重要になります。

ただ、初期状態では自覚するのが難しいので、眼科での定期的な検査が肝要です。症状が悪化した緑内障は眼の痛みや頭痛を引き起こし、吐き気などを催すためにこの段階で気づくのが大半です。

緑内障の原因


緑内障の原因は眼球内の眼圧が高くなることですが、ほとんどの緑内障患者はどうして眼圧が高くなった正確な原因が判明しないことが多いです。しかも、個人差があるので緑内障を引き起こす眼圧の正常な範囲というのも異なります。

スポンサーリンク


また、眼圧が高くないのに緑内障になってしまう、「正常眼圧緑内障」というのもあり厄介です。このような理由からはっきりした原因特定は難しいのですが、緑内障にかかりやすい人というのがデータ上から出ています。

緑内障にかかりやすい人


緑内障にかかりやすいのはまずは近視です。近視は程度が高いほど緑内障になるリスクが高まります。それと、低体温、低血圧、冷え性の人は血流が悪いので、視神経に悪影響を及ぼすことで、緑内障にかかりやすいようです。また、頭痛持ちの人も気をつけてください。

緑内障の予防


緑内障予防には効果的なのは30代後半からの定期的な検査です。これは眼科で行ってください。また、緑内障の引き起こす要因となるものに、糖分の過剰摂取、眼精疲労、運動不足、精神的なストレスといった生活習慣との関係も指摘されています。

つまり、生活習慣の見直しである程度の予防することも可能です。特に、緑内障に効果があるルテインといったカロテノイドとカシスの摂取がいいでしょう。

ルテイン・カシスの摂取


緑黄色野菜や果物、海草などといった食品に多く含まれる色素をカロテノイドといいます。ルテインもカロテノイドの一種で、眼の健康補助食品、サプリメントとして人気です。ルテインは緑黄色野菜に多く含まれております。

その中で代表格がケールやほうれん草です。カシスはヨーロッパからアジアといった寒冷地に生育する果樹です。カシスは強い酸味と独特な芳香を放つため、リキュールやカクテルに利用されています。カシスにはアントシアニンという色素が大量に含まれており、これが視力回復、眼の様々な症状、緑内障に効果的とされています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加