飛蚊症について

飛蚊症とは目の前に蚊が飛んでいるように見える症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

20代〜50代で発症しやすい飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目に入る視野に糸くず、ゴミのようなものが飛んで見える目の症状です。名前のとおり、蚊が飛んでいるように見えるわけですが、実は飛蚊症とは年齢とともに自然に発生するものが多くほとんど問題ありません。

ところが飛蚊症は自然発生だけではありません。ぶどう膜炎、眼底出血、網膜剥離、眼球の感染症などの前兆の場合もあるため、まったく心配しないというわけにはいきません。ここでは心配のない飛蚊症、何らかの目の症状によって引き起こされる飛蚊症という二つに分けて見ていきます。

心配のない飛蚊症その1「生理的飛蚊症」


生理的飛蚊症とは、硝子体の中にある組織が残っているために飛蚊症と感じる場合です。これは本来、胎児期に消失しているものがただ残っているだけなので病気ではありません。

心配のない飛蚊症その2「硝子体剥離」


硝子体剥離は老化現象によって引き起こされます。また、強度の近視の場合や目を打撲した場合もそうです。これが飛蚊症の中では1番多いのですが治療する必要はありません。

スポンサーリンク


網膜剥離による飛蚊症


網膜剥離になった場合にも飛蚊症の症状が出ます。網膜の最も外側にある色素上皮層と、その内側にある神経層が何らかのことで剥がれた状態を網膜剥離といいます。

また、網膜剥離の初期症状が飛蚊症と良く似ているために飛蚊症だと思って放置しがちです。ところが網膜剥離だった場合は、飛蚊症の症状がさらに悪化してしまい、視野の中に煙が湧くように感じたりします。

他にも、普段からの飛蚊症の症状が酷いように思えます。この場合は網膜剥離がさらに進行している可能性が高いので、すぐに医師の診断を受けてください。

硝子体の出血による飛蚊症


目を打撲したとき、硝子体の中に血液が入ると飛蚊症を感じます。出血が酷いと視力が一気に落ちてしまいますので、まずは安静にしてください。また、糖尿病、高血圧といった病気を煩っている時も起こります。

ブドウ膜炎による飛蚊症


脈絡膜、虹彩、毛様体の三つをまとめてブドウ膜といいます。ブドウ膜はちょうど果物のブドウに似ているためにこのような名前がついています。また、何らかの原因でブドウ膜に炎症が起こることを「ブドウ膜炎」といいます。

ブドウ膜炎が原因の場合は目に炎症が起こります。このとき、飛蚊症は軽い症状からはじまり、だんだんと悪化していきます。最後は物が見えなくなる可能性もあるので治療はできるだけ早い方がいいです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加