網膜色素変性症について

網膜色素変性症とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

網膜色素変性症とは、網膜の異変をきたす病気です。発症する人が多い病気ではありませんが、目の機能を著しく損なう恐れがあるため、用心したほうがいい病気のひとつです。

発見が遅くなるケースが多いため、定期的に眼科の診察を受けるなどして目の健康維持を怠らないようにすることが、予防と早期発見をするための第一歩でしょう。

網膜色素変性症とはどんな病気か?


網膜の中には視細胞という細胞がたくさんあります(1億を超えるほどの多さです)。網膜色素変性症を発症すると、この視細胞が徐々に死滅していきます。

※視細胞の中でも、特に杆体細胞という細胞が犠牲になりやすいですね。杆体細胞は、暗い場所でものを見る機能や視界を広く保つ機能と深い関係を持っています。

視細胞が死滅した部分の網膜では、光を感じ取ることができなくなります。光を感じ取れなければ、網膜は情報を正しく脳に送り届けることができません。そのため、ものを見る機能がだんだんと損なわれてしまうのです。

スポンサーリンク


網膜色素変性症の代表的な症状


夜盲症

網膜色素変性症の初期症状です。光が乏しいところ(夜間や、室内の照明が少ない場所)でものを見ることがだんだん難しくなっていきます。

視野狭窄

死滅する視細胞が増えるにつれて、視界がだんだんと狭くなっていきます。視界のすみのほうから見えなくなりますが、見えない部分がだんだんと視界の中心部のほうに広がっていくことがほとんどです。

羞明

日光や照明を、やたらにまぶしく感じられるようになる症状です(この症状への対策として、遮光メガネの着用が推奨されています)。

※このほか、視力の低下も含まれますが、視力の低下は突然はじまることもあれば、なかなかはじまらないこともあって、個人差がかなり激しいのが特徴です。

網膜色素変性症の原因と治療


この病気は数千名に1名の割合で発症する病気です。遺伝が原因であると考えられているものの、詳細はまだはっきりとしていません。確実な治療方法もまだ見つかっていないのが現状ですが、ビタミン類や血管拡張薬の投与が広く行われています。緑内障は白内障のような他の病気を併発したときは、手術が行われる可能性もあります。

網膜色素変性症の進行について


網膜色素変性症は進行するスピードが非常に遅い病気で、何年経っても気がつかないこともよくあります。数年から十数年かけてじわじわと進行していくことも珍しくありません。どこまで悪くなるかは個人差がありますが、最悪の場合は完全に失明してしまうこともありえます。

※現在は、夜になっても明るい場所が増えていますから、「昔と比べて、網膜色素変性症が発症していることに気づきにくい」という意見もあるようです。

進行速度の遅さを考慮すると、できるだけ早く発見することが好ましいのですが、最初のうちは気がつかないことが多いのが実情です。早期発見をするためには、普段から目の健康に気を配り、少しでも異変を感じたらすぐに病院に行くこと、そして目の健康診断を定期的に受けることが大事でしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加