午前と午後の視力の違いについて

視力は午前と午後で違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力は実は絶えず変化を続けています。「日によって視力が変わる」ことを疑問に感じる人もいますが、「同じ1日の中でも変わる」ことに気がついて疑問に感じる人もいます。

視力は目の調子に左右される能力ですから、同じ1日の間でも、疲れている時間帯に計測すると本来の能力よりも低い結果が出てしまうことは、まったく不思議なことではないのです。視力を計測するときは、そのことも踏まえて時間帯を選ぶことが大切です。

午前と午後では何が変わるのか?


午前中は、まだ起床してから時間があまり経っていませんね。つまり、目もあまり疲れていません。ものを見つめるときは、目の中で「毛様体」という筋肉が動いて「水晶体」の厚さを変えます(そうすることで、うまくピントが合うようにしているのです)。

毛様体は筋肉の一種ですが、筋肉は長時間動き続けていると、だんだんと疲れてきます。つまり、午前中の間はまだあまり毛様体も疲れていないですから、ものを見るときにピントをうまく合わせることができます。

しかし午後になると、目を酷使する機会も多くなりますし、毛様体も疲れてきます。午後に視力を計測すると、午前よりも視力が落ちていることがわかるケースが多いのは、毛様体の疲れが原因となっているのです。

※毛様体の疲れが回復するのは、主に夜眠っている間です。目を酷使した人も、ひと晩深い眠りをとることができれば、朝起きたころには視力は回復しています。

視力を計測するときの心得とは?


視力を正確に計測したい場合は、なるべく午前中に計測するようにしたほうがいいでしょう。特にメガネやコンタクトレンズをつくるために視力を調べるときは、午前中を選んだほうが、本来の視力にぴったりと合致したメガネ・コンタクトレンズを作ることができるでしょう。

午後の遅い時間になってから視力を計測して、その結果をもとにメガネやコンタクトレンズを作った場合は、自分の視力にあまり合致していないメガネ、ないしコンタクトレンズができあがってしまうことになる可能性も否定できません。

※午後に視力を計測する場合でも、ひと眠りしてから計測すると、視力が回復する可能性があります。

今の世の中には忙しい人たちが多いですし、メガネやコンタクトレンズを作りに行くときに「午後の遅めの時間しか空いていない」ということもあるでしょう。その場合は、午前中からなるべく目を休ませる時間を設けるような工夫をすることが望ましと言えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加