視力回復効果があるアスタキサンチンについて

視力回復効果があるアスタキサンチンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力回復と聞けば、皆さんは黒豆、ブルーベリーなどに多く含まれているアントシアニンを摂取すればいいと考えていませんか?

これも別に間違いではありませんが、アントシアニンは眼の疲れや肩こりといった視力低下の原因には効果的ではありません。疲れ目に1番効果的なのはアスタキサンチン、ビタミンB群となります。特にアスタキサンチンは強い抗酸化力を持っています。

アスタキサンチンとは?


アスタキサンチンはカロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。カロテノイドの種類は600以上といわれており、特に緑黄色野菜の色が代表的です。

アスタキサンチンが多く含まれるのは魚介類ならエビやカニ、サケ、イクラといった赤色やオレンジ色の魚介類です。他にも藻類からアスタキサンチンを抽出して化粧水、美容液などの化粧品などにも利用されています。

スポンサーリンク


アスタキサンチンの効果は活性酸素を除去する


アスタキサンチンは強い抗酸化力を有しています。さて、抗酸化力を知る前に活性酸素について触れておく必要があります。私たちの身体で老化を進行させたり、ガン細胞を増殖したり、動脈硬化といった様々な症状を引き起こす「活性酸素」というものがあります。

これを防ぐ役割を持つ抗酸化物質の働きのことを「抗酸化力」といいます。特に、アスタキサンチンは活性酸素の中でも最も毒性が強いといわれる「一重項酸素」の除去に効果的です。その強さは、ビタミンEの約500倍、βカロチンの約40倍です。

アスタキサンチンで眼の老化防止


アスタキサンチンは老化の原因で起こる加齢性黄斑変性症、白内障の眼の病気予防にも効果的です。もちろん、アスタキサンチンを多量に服用したからといって、身体への副作用はありませんのでご安心ください。

アスタキサンチンの効率的な摂取の仕方


アスタキサンチンは魚介類に多く含まれますので、サケ、イクラ、エビ、カニといったものを食べるだけで気軽に摂取することが出来ます。視力回復効果を高めるなら1日6mgを目安に取るといいでしょう。

ところがこの1日6mgというのは結構難しい数値です。6mgとは、ちょうど紅ザケの切り身(100g)が3g程度なので、それを2枚食べればいい計算になります。ただ、紅ザケ2枚を毎日食べるのは大変ですよね。

そこでおすすめなのが桜エビです。生の桜エビ100gに含まれるアスタキサンチンは7.15mgと大変多いです。桜えびは丸ごと食べることが出来るのもいいですね。他にもイクラなら100gでアスタキサンチンは3mgほど含まれています。これでも難しいようならサプリメントで補うこともできます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加