視力回復センターについて

視力回復センターとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力回復方法の手段といえば、レーシック手術、オルソケラトロジーといったものが上げられるわけですが、もう一つ「視力回復センター」というものがあります。視力回復センターは全国に数十カ所あり、訪れた人に資料回復トレーニングの無料体験を行っています。

このトレーニングは幼児から大人まで誰でも受けることができます。この視力回復センターでは視力について気軽に問い合わせることができ、視力回復のアドバイスを受けることができます。では、視力回復センターのメリットとデメリットについてみていきます。

視力回復センターのメリット


まずレーシックのような手術はおろか、薬物も使用しないので、後遺症や副作用の心配がありません。また、視力回復センターでは視力低下が低年齢化に広がっていることを危惧しており、安易にメガネに頼るような診断も行いません。

もちろん、メガネを利用する時のアドバイスなども受けられますが、小さい頃からメガネに頼ると将来、強い近視になる可能性が高いためです。

スポンサーリンク


ここで行う視力回復トレーニングは主に「眼の健康体操」です。視力低下の原因で一番多いのは近くを見続けることですから、なるべく遠くを見る方法を指導してくれます。

これは自宅でも気軽に出来るトレーニング方法なのでとても役立ちます。また、日常生活における目の使い方を指導してくれるので眼への負担の軽減にも効果的です。

視力回復センターのデメリット


視力回復センターのデメリットは、手術や薬物を用いないために、短時間では視力回復が見込めないことです。また、視力回復トレーニングは毎日定期的に行うことで効果がありますので、すぐに劇的な回復効果があるわけではありません。

つまり、指導してもらっても、本人がそれを正しく行わなければ視力回復は中々成功しません。仮に視力回復効果があっても、すぐにやめてしまっても視力は元に戻ってしまいます。

後、視力回復センターのトレーニングでは屈折度によって回復出来る視力に限界があります。強い近視の人が視力両目1.0のように回復することはないわけです。

まずは無料体験を


視力低下で迷っている人はまずは視力回復センターの無料体験を申し込んでカウンセリングを受けてください。このカウンセリングでは、視力回復トレーニングでどの程度まで回復が見込めるか、視力回復にかかる時間、視力回復にともなう費用を教えてもらえます。

実際に視力回復トレーニングを体験してみて、その後に視力回復に取り込むことが出来るのかを自分で判断すると良いでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加