5円視力回復法について

5円視力回復法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

5円玉を利用して視力を回復する方法は、今から10年近く前に当時の人気テレビ番組で取り上げられたため、一気に全国に広まりました。5円玉は誰でも手に入れることができますし、部屋の中で簡単にまねができる方法でもあるため、仕事や勉強で目が疲れた直後等にやるにはいい方法です。

※視力が確実に回復する方法だというわけではありません。この方法は、期間を決めて毎日繰り返してみて、自分に向いているかどうかを調べる必要があります。

5円視力回復法のメカニズムとは?


「5円視力回復法」は、目の筋肉を適度にほぐし、目が物体にうまくピントを合わせられるように促すトレーニングです。目の筋肉(毛様体筋)は、近くにあるものを見るときは収縮し、遠くにあるものを見るときは逆に伸びます。

目前にあるものばかりを見て毛様体筋が収縮しすぎると、遠くにあるものを見てもうまく伸びなくなってしまうため距離が離れたものをうまく見られなくなっていく……それが近眼の原理なのですが、毛様体筋がうまく伸び縮みするようにするために、5円玉を役立てるのです。5円玉を、位置を変えながら凝視することで、硬化してしまった毛様体筋を元のようにやわらかくするのです。

スポンサーリンク


5円視力回復法の具体的なやり方とは?


5円玉は、小さくてじっと見つめるには適したサイズですね。この5円玉の位置を変えながら見続けると、自然と毛様体筋が伸びたり縮んだりして、いい刺激になるというわけです。5円玉視力回復法では、糸やひもの先に5円玉を結わえて吊るします。

そして、糸やひもを前後に揺らします。そして、前後に揺さぶられる5円玉をずっと見続けるのですが、5円玉が手前に来たときは毛様体筋が収縮し、逆に奥に行ったときは毛様体筋が伸びます。

こうして毛様体筋のエクササイズをするのです。このときに、できれば1メートルくらい距離をあけて5円玉を観察します。このトレーニングを、毎日数分〜10分くらい繰り返します。

5円視力回復法はどんな人に特に有効?


5円視力回復法を10日ほど続けていると、実際に視力が0.5くらい回復したという人も過去にはいました(マスコミを通して広く伝えられた事実です)。そのいっぽうで、「たいして変わらなかった」という人もたくさんいます。

この方法は個人差がかなり大きいことは間違いないのない事実であり、「10日ではなく、もっと長期的にやったら効果が出た」という人もいます。

しかし、いくら続けてもほとんど変化がないという人たちも大勢います……この方法は、試しに10日かそれ以上期間を区切ってやってみて、自分に向いているかどうかをチェックすることが望ましいでしょう。

※なお、視力が回復することはそれほどうまくいかなくても、疲れた目をいたわるために続けている人たちもいます。むしろ、その効果を狙って続けるほうが得をするかもしれませんね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加