針治療の視力回復効果について

針治療で視力は回復する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

針治療は、西洋医学とは異なり東洋医学に起源を持っています。一般的な眼科医は西洋医学を基本とした治療を行いますが、最近は眼科医とは違う医療を求めて、針治療を視力回復に役立てようとする人たちも出てきました(スポーツ選手等が針治療を使っているという情報があることも、針治療への期待を高めているようです)。

針治療は、継続して受けていく必要がありますし、効果がどれくらい出るかはケースバイケースで変わりますから、専門医とよく相談して治療内容を決めていく必要があります。

針治療はどんなメカニズムで効果を出すのか?


針治療は、肉体のさまざまな組織に関連した「ツボ」を刺激することで行いますが、視力や目の機能に関するツボも人体には存在します。

針治療でツボを上手に刺激すると、そのツボに関連した組織の血行や新陳代謝が促進されます。つまり、栄養素や酸素が十分に行き渡るようにすることで、その組織が本来持っている能力が十二分に発揮されるようにするのです。

※針治療が視力の回復や目の機能の改善に効果を発揮する理由は、目以外の部位を改善するときの仕組みと共通するといわれています。

スポンサーリンク


実際に針治療を受けると?


針治療を受けて、視力がどれくらい回復するのか試した人たちの話を聞いてみると、人によって体験談には違いがあることがわかります。

※たとえば「3ヶ月くらい通い続けた結果、0.3〜0.4しかなかった視力が0.8〜0.9までに回復した」という話もあれば、「1度治療を受けると、5日から10日くらい効果が続くものの、その後はまた元に戻ってしまうので通院を続けている」という話もあります。子供の場合は、「視力が落ちかけてきた段階で針治療に通わせたら、完全に元に戻った」という話も比較的多いようです。

これらの体験談からわかることは、

  • 針治療は、長期的に続けていくほうが効果を期待できる
  • 針治療は、軽度の近視の段階ではじめたほうが効果が出やすい

ということでしょう。極端に視力が落ちてからはじめても、完全に視力が元通りになる見込みはかなり少ないと考えられます。

針治療はどう役立てるべきか?


針治療では、週に数回、あるいは月に数回といった具合に、通院するペースを守ることがよく奨励されています。

針治療では、眼精疲労や、肩こりといった他の症状を合わせて改善できるチャンスもあるため、目を酷使する仕事をしている人たちが、視力や目の疲れの改善や、健康の維持をはかる目的で続けていくには適しているといえます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加