星と視力回復の関係について

星を見ると視力が回復する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「夜、星空を眺めていると視力が回復する」という言葉があります。星を見ることは現代の日本人にとっては、めったにない行動になってしまいましたが、星をじっくりと見つめることは、目にとって癒しとなるほか精神的にもかなりのリラックスとなります……星空を見上げる時間をとれる人には、いろいろな点でメリットがあるでしょう。

※もっとも、星を見ていれば視力が誰でも必ず回復するということはありません。星を見ることは、目を緊張から解放したり、他の方法と合わせて視力回復を狙ったりする分にはいい方法となります。

星を見ると、どんなメカニズムで視力がよくなる?


人が近眼になる理由は多くの場合「目にある筋肉(毛様体筋)が、(目に近いものを長く見すぎたために)収縮しすぎてしまうこと」にあります。

この毛様体筋が弛緩するように仕向ける上でいちばんシンプルな方法は、目から遠く離れているものを、時間をかけながら見ることです。そこで、夜空に浮かぶ無数の星々を見ることで、うまいこと毛様体筋を弛緩させようというわけです。

スポンサーリンク


星は非常に遠い場所にありますから、毛様体筋の緊張をゆるめる意味ではかなりいい素材となります(星空は美しいものでもありますから、精神面へのメリットも見込めますし、星が見えるくらい空気が澄んだ場所に行くことは、何かとプラスになるでしょう)。

視力のために星を見る方法の、具体的なやり方とは?


星を見て視力回復に役立てたいと思うなら、最初にやることはできるだけ星がよく見える場所に行くことです。といっても都会ではなかなか難しいですから、もともと明るくてよく見える星や星座(たとえば、「北極星」「オリオン座」etc.)をよく見られる場所に行くくらいでもかまわないでしょう。または、一番星を探して、見つかったらそれを眺めるようにしてもかまいません(この方法なら、遅い時間帯でなくてもできますね)。

※ただし、ずっとひとつの星だけを見るのではなく、しばらくしたら次の星に視点を移すようにしたほうが毛様体筋にはいい刺激になります。

星を眺める時間は、忙しくてもなるべく10分以上はかけたいものです。いつまでも眺めている必要もありませんから、10〜30分くらいでよいでしょう。これを毎晩は無理でも、なるべく繰り返すようにします。

星を見る方法は、どんな人に特に有効?


星を見る方法は、まだ視力が極端に落ちていない段階で使える方法です。0.3以下になると、もうどの星も肉眼ではぼやけて見えてしまいますが、ぼやけたまま眺めていても効果は期待できません。この点を考慮すると、まだ子供で視力が落ちる途中のうちは星を見る方法は効果が出やすいといえます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加