超音波の視力回復効果について

超音波には視力回復効果がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

超音波を発して視力回復を行うための機器が現在、多数市販されています。「超音波治療器」は、視力回復に利用できるほか、目が疲れている自覚がある人たち、特に仕事や勉強の都合で不規則な生活をしている人たちや忙しくて視力回復のためのトレーニングを実践できない人たちには向いているといえます。

視力が落ちている人が使うと必ず効果があるものではありません(視力がだんだんと落ちてきた人がよく使っています)が、使い方をよく確認して、自分に合っていると判断できたら買うのがおすすめです。

超音波治療器のメカニズムとは?


超音波を目に当てると、目の周囲に刺激を加えることができます。現在の治療器だったら、1秒の間に2万回を余裕で超えるくらいの振動を与えることもできるようになっています。

近眼になっている人は、目の筋肉が凝り固まっていたり目を取り巻く血管の流れが滑らかでなかったり……と、目の組織が健全に保たれていないことが珍しくありません。

そこで、超音波を放射して目の中を適度にマッサージしていくわけです。指を使ったマッサージでは、せいぜいまぶたやこめかみの周囲くらいしか刺激することができませんし、かといって眼球を直接マッサージするようなことは危険なだけでおすすめできません。

しかし超音波治療器に頼れば、目の内部までまんべんなくマッサージをすることが(技術の発達のおかげで)うまいことできてしまう時代になりました。

※いったん購入すれば、あとは自宅でいくらでも使えるため、眼科医に通ったり視力回復センターに通ったりするよりもリーズナブルだと考える人も多いようです。

スポンサーリンク


超音波治療器を買うときの注意点


超音波による視力回復をしたいなら、超音波治療器を選ぶときに注意しないといけません。現在有名になっているのは以下の4種類です。

  • フタワソニック
  • ソニマック
  • ミオピア
  • アイパワー

なお、この4種類はいずれも厚生労働省から認可を受けている医療器具です。これら以外でも超音波治療器は見つかるかもしれませんが、厚生労働省から認可を受けていない超音波治療器を使うことは危険な行為です。

たとえ安く販売されていても、手を出すことはおすすめできません(効果が出ないどころか、かえって目を悪くしてしまう恐れもゼロだとはいえないからです)。

※もちろん、認可を受けた治療器であっても、使用方法は必ず守るべきです。効果がすぐに出なかったからといって、説明書の指示を無視することは禁物です。

超音波治療器はどんな人に特に有効?


超音波治療器を使って視力の回復を期待できるのは、まだ近眼が進みすぎていない時期だといわれています。その理由は、目の組織がまだ柔軟性を失っていないことが大きいからですね。

つまり、子供のうちなら期待値も高めだ、ということになります。効果が出やすいかどうかについては、年齢や視力の低さのほか、乱視が進んでいるかも関係してきます(できれば、眼科医のような専門家のアドバイスを受けて使っていきたいところです)。

※言い換えますと、二十歳以上で、視力が相当悪い人たちや乱視気味の人たちは、他の視力回復方法にも目を向けるほうが建設的だといえます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加