ビタミンの視力回復効果について

ビタミンには視力回復効果がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンは、目の健康や視力とよく結びつけて語られてきました。ビタミンは何種類もありますが、実は目と関わりの深いビタミンはいっぱいあります。

ビタミンは、大きく落ちてしまった視力を回復させることはできませんが、絶えず適量を撮り続けることで、目の健康をキープしていくことができますし、視力の低下を予防することもできます。

ビタミンが持っている成分とは?


ビタミンは種類がとてつもなく多いため、ここでは代表的な種類の説明をしましょう。

ビタミンA

角膜の乾燥を防止したり、鳥目(夜盲症)を防いだりする効果があります。抗酸化作用も持っているほか、目の代謝を促進させる役割も果たしているといわれています。角膜が持っている、「目に入ってきた情報を正しく脳に伝える」機能を助ける働きもあります。

ビタミンB群

ビタミンB1やビタミンB2ほか何種類もありますが、ビタミンB群はいずれも目の周囲の筋肉や視神経の疲労を解消する効果があります。ビタミンB1は視神経を活性化させる役割を持っています。いっぽうでビタミンB2には抗炎症作用があるため、傷つきやすい角膜の炎症を抑える効果も持っています。

スポンサーリンク


ビタミンC

水晶体をクリーンに維持する機能を持っています。特に白内障を予防する上では重要な成分です。目の疲労回復も助けてくれるといわれています。また、ビタミンEと一緒に摂取すると、さらによく働いてくれます。

ビタミンD

ビタミンAの吸収を助ける働きを持っています。また、極端に不足すると視力の低下をはじめ、目の機能を激しく損なう恐れが出てきます。

ビタミンE

血行を促進するため、目の周囲の毛細血管の血行をよくしてくれます。ドライアイや老眼を予防することにも使えます。

ビタミンには、目の機能に深い関係を持つ種類が多いため、ビタミンが不足すると目は一気に悪くなっていきます。ビタミンを摂り続けることは、よく見える目を持ち続けるためには必要不可欠であることは間違いありません。

ただし、ビタミンには低下した視力を確実に回復させるような効果は認められていません。あくまでも、目を健やかに保つために大切なのです。

ビタミンの上手な役立て方とは?


目に関係あるビタミンはたくさんありますが、いずれも毎日適量を摂取することが大事です。ビタミンが欠けてくると目の機能が一気に失われてしまいますが、実は一度に摂取しすぎてもいけません(多めに摂取しても、体外に排出されてしまうか、または体内で健康を損なう効果をもたらすことが考えられます)。また、違うビタミン同士がセットで効果を発揮することも多いため、多くの種類を合わせて摂ることが大事です。

ビタミンは、低下した視力を回復させることはありませんが、目の健康の維持・ひいては視力の維持には欠かせない栄養素です。毎日の食生活に注意して、ビタミンをバランスよく撮り続けるようにするべきでしょう。

※サプリメント類を使う手もありますが、原則として飲食物から摂りたいものです。粗製乱造されているサプリメント類を使っても、体内で効果を出してくれません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加